接続障害 そしてプロバイダ変更

パッチ4.0.Xが入った頃から、IoC/AVなどの大規模戦闘で、
負荷が高くなるとLatencyが4桁超えして(FPSは変わらない)
しばらくするとまともに動けなくなってDCする、という現象が出始めた。

最初はパッチ後で不安定なのかな程度に思っていたが、
次第に発生頻度が高くなり、ここ1週間は5manダンジョンや
WSGなどのコンテンツでも同様の問題が起き始め、
ちょっとまともにプレイできなくなってきたので、
本格的に原因を調べてみた。

ちなみに現在のPCのスペックは、
Phenom2 X4 965+HD5870+Win7 64bit+メモリ8GB
+(OS/WoWはSSDにインストール、)回線は光、と
WoWを遊ぶには十分なスペックであり、
またcata導入時にPCを買い換えたが、問題は変わらなかったので
PCハード固有の問題ではないはず。
このツールでレジストリのtweak済み
また、なぜかこの現象は日本時間の夜に発生することが多く、
昼間にはほとんど発生しない。
以前はaddonてんこ盛りで25manRaidでも全く問題なくプレイできてた。

確認した事項としては、この記事などを参考に

1.WoWのキャッシュ、WTF、addonの全リセット+Repair、
  グラフィック設定最低+Soundなし
2.WindowsのLANアダプタの設定変更、DNSのflush、
  ルーターのリセット、ポート設定のやり直し
3.Firewall、アンチウィルス等セキュリティソフトの解除、ソフトの変更
4.WoWの再インストール
5.OSの再インストール、各種ドライバを最新にする
6.ルーター買い換え

トラブルの確認は、設定を変えるごとに、BGに入らないと出来ないので、
非常に手間がかかったが、結論から言うと、状況は変わらず。
むしろ一部のFirewallでは設定が不十分だと、単にアプリを許可する
だけでは逆にWoWに入れなくなる現象も発生した。

で、最後に残った可能性としてプロバイダが原因というもの。
参考サイト
自分が使っている回線はフレッツ光+niftyなのだが、P2Pの規制では
非常に評価が低い。

ちなみに自分の回線ではWoW以外で、ファイル交換ソフトなどの
P2P通信は一切利用していない。

WoW自体もパッチのダウンロード以外では
P2Pは使っていないはずだけど、こうした規制は詳細の情報がユーザーに
連絡なく勝手に行われているようなので、あくまで推測だけど
海外との通信規制的な何かがあるのかもしれないと思い、

OCNのプロバイダで確認してみた。

その結果、グラフィック最高設定で、AVやIoCの乱戦の真ん中で
AoEを連発しても、latencyは10%~20%の増減の範囲で安定し、
Disconnectやフリーズなどの問題は全く発生しなかった。

とりあえず解決してほっとしたが、niftyには心底頭にきた。
今回調べてわかったことだけど、プロバイダの規制は情報の開示が
全くされず、プロバイダの思惑でやりたい放題だということ、
カスタマーセンターに訪ねても、自分の回線が規制されているか
どうかさえ、情報出さないらしい。
規制するなら、最低でも規制の情報(規制の詳細条件、
ユーザーの規制ステータスなど)を明らかにすべき、
明らかにしたら、対応のためのコストがかかるから、やってないだけ
だと思うけどね。

理由も原因もわからず勝手に回線絞られて、詐欺にあった気分。

原因が早くにわかっていたら、こんな苦労せずにすんだのに。
ほんと疲れた。
[PR]
by juli_etta | 2011-02-06 09:37 | addon
<< Addon Cata 4.1 addon cata 2010 >>